カートをみるマイページご利用案内お問い合せお客様の声会社概要施設のご案内サイトマップ

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツとは
ドラゴンフルーツは、中南米原産のサボテン科ヒサボテン属のサンカクサボテンの果実、ピタヤの一品種で、東南アジアなどで栽培されているトロピカルフルーツです。近年、日本でも人気が高まっていてそのほとんどは沖縄で生産され出荷されています。

ドラゴンフルーツの大きさはアボカドと同じくらいで、光沢のある赤色の果皮をしているものがよく知られていますが、果皮が黄色いものもあります。表面に葉のような突起物があるのが特徴です。さすが「ドラゴン」と名がつくだけあって、怪獣の卵のような?一見フルーツとは思えないような見た目ですね。
名前の由来には諸説があって、その独特の見た目からという説もあれば、ドラゴンフルーツの木(サボテン)が、成長していくにつれて大きくうねり、その木に実った
ドラゴンフルーツ
真っ赤な果実が龍の目のように見えることからという説もあるようです。

きららオーガニック・ライフでは今年、赤い果皮に半透明白色の果肉のホワイトドラゴン(ホワイトピタヤ)、赤い果皮に赤紫色の果肉のレッドドラゴン(レッドピタヤ)の収穫を予定しています。
黄色い種類のものも栽培しているのですが、来年以降の収穫になりそうです。
ドラゴンフルーツの味・栄養
同じトロピカルフルーツのマンゴーやパパイヤのような甘さはなく、さっぱりとした甘みとほのかな酸味、上品な味わいです。
食物繊維とミネラル、ビタミンCが豊富に含まれていて、ヘルシーフルーツとしても人気があります。特にお通じでお悩みの女性に人気がありますし、ミネラルやビタミンC が豊富ですから夏バテ防止にもよさそうです。
ドラゴンフルーツの食べ方
実を4等分し、さらに果肉を適当な大きさに切ってフォークなどでお召し上がりください。または、2等分にカットして、果肉をそのままスプーンですくってお召し上がりください。見た目と違って皮もそれほど固くないので簡単にカットできます。

ドラゴンフルーツの断面にはゴマのような黒い種子が見えます。キウイと同じようにこの種子も取り除かずに食べます。種がプチプチしていて果肉はサクサク・ショリショリ、とってもジューシーです。
暑い時期には冷やして食べると体の中にスーっとしみこんでいくように、おいしくお召し上がりになれると思いますが、もともと甘みの少ないフルーツなので、あまり冷やしすぎると味が薄く物足りなく感じてしまうかもしれません。
ドラゴンフルーツの味そのものを楽しみたい方は、常温でお召し上がりになるのをオススメします。
ドラゴンフルーツ
ドラゴンフルーツの育て方
・育てやすい場所
年間を通してなるべく日当たりのよい場所を選びます。
しかし、真夏の直射日光は強すぎるので午後には鉢ごと日陰に移動させてやるようにしましょう。
気温が下がってきて最低温度が15度を下回るようになったら室内の日当たりのよい場所で育てます。室内でもあまり暖めすぎず最低温度8度以上を目安に管理しましょう。
・苗の植え方
ドラゴンフルーツの苗は、そのまま土を入れた植木鉢にさしておくと、自然と根がつきます。
ドラゴンフルーツ・苗の植え方ドラゴンフルーツ・苗の植え方
・水やりについて
春から秋にかけては土の表面が乾いたらたっぷりと十分な水分を与えますが、サボテンなので与えすぎないように気をつけます。水はけがよいように注意してください。
最低温度が20度を下回るようになったら鉢土が乾く速度も落ちるので、それに合わせて水やりの回数も減らしていきます。
冬の間は月に1、2回で大丈夫です。冬の間に水を与えすぎると根腐れするかもしれないので、冬場は乾燥させてください。
・植え替えについて
鉢の裏を確認して、鉢の底から根が出ていたら根詰まりしている心配があるので植え替えをします。水はけが悪いと根腐れしてしまいます。
時期は5月〜6月に行うのがよいでしょう。土はサボテンや多肉植物用の土に堆肥を足したものを使います。
・肥料について
肥料は、新芽が出てから1〜2ヶ月に1回の割合で、鶏糞、油粕、リン、カリなどを与えます。
・自家親和性と自家不親和性
ドラゴンフルーツにはひとつの株で結実する自家親和性のものと、他の品種と交配しないと結実しない自家不親和性のものとがあります。
自家不親和性のドラゴンフルーツの場合は人工受粉させます。
きららオーガニック・ライフで育てているレッドドラゴン(レッドピタヤ)は、1つの株で結実する自家親和性にあたります。
数種類一緒に育てるようにして、そのうち一種類をレッドドラゴン(レッドピタヤ)にするとよいでしょう。
ドラゴンフルーツ
ドラゴンフルーツの販売について
9月〜11月の期間、きららオーガニックマーケットでドラゴンフルーツの販売をしています。
まだまだ収穫量が少なく、すぐに売り切れる場合がございますので、お求めの場合はご来店前にお問い合わせ下さい。
また、今年もネットでの販売を予定しています。
>>ドラゴンフルーツの管理

ページトップへ